上野焼の墨染の桜シリーズをご覧ください。


上野焼のロゴ  中村真瑞窯元のロゴ
墨染の桜伝説

興国寺には、南北朝時代京都占領をめぐる戦に敗走し、
九州へ落ち延びた足利尊氏の伝説が残されています。
その一つが「墨染の桜」です。
ここで再起を図った尊氏は、つぼみのついた桜の枝を切り、
逆さに地中に挿して今後の戦運を占ったと伝えられています。

  
「今宵一夜に咲かば咲け 咲かずば咲くな 世も墨染の桜かな」
  
そして、桜は一夜にして咲き、勝利を確信した尊氏は、
九州の天皇方の有力武将菊池氏や阿蘇氏などを破って勢力を回復。
ここから大逆転の快進撃が始まり
西国の軍勢を引き連れて京に攻め上り、

ついに征夷大将軍となり室町幕府を開いた
 
というロマンに満ちた伝説です。

お猪口(湯呑)を5個組み合わせて桜の花に見立て、
「墨染の桜」をイメージして出来たのがこの作品です。
いわば勝利のお猪口(湯呑)です。
合格応援グッズとしても大人気中です。
墨染の桜の画像

 墨染の桜
 世代交代を経て、今は若い木が植えられている。
 興国寺(福岡県田川郡福智町上野)


墨染の桜のお猪口の画像 墨染の桜のお猪口の画像 墨染の桜のお猪口の画像 墨染の桜のお猪口の画像
墨染の桜のお猪口
53-005
価格 \6,000

墨染の桜のお猪口
53-006
売り切りました

墨染の桜のぐい呑
53-007
売り切りました

墨染の桜のぐい呑
53-008
売り切りました

墨染の桜のお猪口の画像 墨染の桜のお猪口の画像 墨染の桜のぐい呑の画像 墨染の桜のぐい呑の画像
墨染の桜のお猪口
53-001
価格 \1,300

墨染の桜のお猪口
53-002
売り切りました

墨染の桜のぐい呑
53-003
価格 \1,300

墨染の桜のぐい呑
53-004
価格 \1,300

墨染の桜の煎茶器の画像 墨染の桜の煎茶器の画像
すべて手造りですので、1点1点若干異なります。
あらかじめご了承の上、ご注文ください。


ホームページで商品を掲載するにも数に限りがありますので、
黒染の桜等で
まだ他にも見てみたい商品のご要望があれば
お尋ね票
にご記入ください。
メール又は、お電話にてお返事いたします。

墨染の桜の煎茶器
53-009
価格 \18,000

墨染の桜の煎茶器
53-010
売り切りました


 トップページへ 
  商品一覧   前ページへ